USENと埼玉りそな銀行を投資する方法について

USENは、その名の通り有線放送最大手の企業で音楽配信事業をメインとして行なっている企業です。例えばレストランやスーパーなどで音楽などが流れているケースがありますが、その音楽配信はUSENが行なっていることも多かったりします。

また近年は開業支援サービスや自動精算機の開発などの事業分野も広がっており、昭和36年の創業という老舗もあるので音楽業界では知名度もあります。USENに投資を行なう上では、2001年より東証JASDAQスタンダードに上場している企業であるため、東証でも取引されており、証券口座があれば売買することが可能な銘柄です。

現在は売買単位が100株単位で株価も上昇した経緯もあるため、最低投資金が3万円台となりますが、以前は売買単位が10株単位で株価も低迷したことで1万円までの投資で売買できお釣りも来た時代もあります。配当が現在も無配であるため、今後の配当政策の動向が気になる銘柄です。

埼玉りそな銀行は、埼玉県を地盤とする埼玉銀行やあさひ銀行の流れを汲む銀行です。都市銀行の一角であるりそなホールディングスの100%子会社の銀行です。埼玉りそな銀行自体は株式上場をしていないため、投資をする上では親会社であるりそなホールディングスの株式を購入することで可能となります。

なお埼玉りそな銀行の営業動向がりそなホールディングスにも繋がっていることもあり、埼玉りそな銀行の材料となるニュースが出れば買われる銘柄となります。なお埼玉県内では、埼玉りそな銀行は旧埼玉銀行の流れを汲むことで県内では親しまれている銀行です。

売買単位はUSENと同じく100株単位ですが、銀行銘柄として配当もあり、しかもりそなグループのクラブポイントが所有株式数に応じて貯まることで人気もあります。