有名企業のeワラントと投資マンションでリスク分散

投資を始めるなら、数多くの有名企業に投資ができる、株式がおすすめです。株式投資をする時に、アップルのような世界規模で大活躍する企業に投資をしたいと願う人もいるでしょう。外国株式は日本の証券会社を通じて保有することが可能ですが、全ての株式が取引可能ではないのが現状です。
アップルに手軽に投資をするなら、eワラントという方法を利用してみましょう。アップルに限らず、世界中の超有名企業の銘柄を運用することができます。eワラントでは、ワラントと呼ばれる単位があり、1ワラントが数円から数十円程度の価格です。これを1000ワラント単位で取引できますので、3000円前後からアップルなどの銘柄を保有可能です。
但し、eワラントはレバレッジと呼ばれる取引ですので、ハイリスクハイリターンな金融商品になります。FXなどのレバレッジと違うのが、証拠金がないことです。その点に関しては、損失の管理がしやすい仕組みといえます。また、その企業の株価などが下がっても、儲けが得られる仕組みが用意されているのが、普通の株式よりも魅力的な部分です。
これら金融商品を運用する以外にも、別の方法で資産運用すると、リスク分散ができます。別の方法として始めやすいのが、投資マンションです。投資マンションの魅力は、マンションを丸ごと運用するのではなく、1室だけを運用するやり方ができる点です。この方法ならば費用が少なく済みますので、資金が少ない人でも無理なく投資マンションの運用が可能です。
投資マンションを始めてから、入居者があらわれると、その家賃が収入として入ってきますので、そのお金を返済に充てることができます。完済すれば家賃収入の殆どを、手元に残すことができます。